SUICAはすごいけどQRコードの良さもある

hagi2019/04/16(火) - 08:05 に投稿
RTDアプリ

Denverの市内交通はアプリを使って乗れる。

アプリをダウンロードして、クレジットカード等できっぷ(基本はDay Pass)が買える。市内1日乗り放題が6ドル。操作も簡単でBuy Ticketsからメニューに従って数分で完了する。空港アクセス可能なDay Passは$10.50だ。私は、車に乗るのが好きではないので、タクシーやUberより公共交通機関を好んで使う。そうすると、例えば旅先でどうやれば乗れるのかを事前に調べておく必要があり、シアトルではORCAというSuicaのようなカードを(5ドルで)購入し、チャージして約1週間を過ごした。チャージするのに券売機のあるところにいかないといけないのが面倒だった。プリペイドカードはとても便利なのだけれど、まだ場所に縛られているのだ。ついでに使い切れない。

Denverのアプリは、全く場所に縛られないし、プリペイドカードの初期料金もかからないのがうれしい。今回は4日間(足掛け5日)の滞在で、余計な時間がかからないのがうれしい。感動した。検札が来たら有効化したチケットを開いて以下のようにコードを表示する。数秒毎にコードが入れ替わるので恐らく時間情報も含まれているのだろう。

検札用コード

Suicaはすごいんだけれど、旅行者の視点に立てば、このアプリの方が断然便利だ。通常料金とは別にゾーン制を導入して多少割高でも手間が生じない方法を提供したほうが旅行者フレンドリーだと思う。アプリなら、多言語対応も容易になるだろう。

DenverのバスもNFCらしきデバイスもあり、そのタイプの乗車券(定期券?)もあるように見える。併用は、運転手には負荷になるかも知れないが、顧客満足は高まるだろう。

Twitterシェア