民事訴訟に学ぶ2

hagi2022/05/19(木) - 20:59 に投稿

民事訴訟に学ぶ続編

今日は、弁護士事務所を訪問して、準備書面への対応方法を指導していただいた。準備書面への認否と反論を行うために改めて丁寧に準備書面と資料に目を通すと、私の知らなかった新事実が含まれていた。大収穫である。被告らのデジタルリテラシーの問題で、その情報を私が知らなかったことに気がついていなかったのかも知れない。それによって、自分が糾弾していたことの一部は誤解だったことがわかった。だから訴訟を取り下げるという話にはならないが、事実の究明をすれば真実に近づけるという思いを強くした。

もっている能力はそれぞれ違うし、見えている世界にも違いがある。自分の見えていることだけで糾弾したのは稚拙だったと思う。うまい聞き方をすれば誤解を避けられたことを反省したい。

逆に、被告らは私が見えている世界を見ようとしていないという疎外感は今も感じている。

副作用はでるだろうが、訴訟を起こしてよかったというのが現時点での感想である。