Coworking

コワーキング

Workationあるいは山籠り?

hagi2019/08/29(木) - 16:14 に投稿

今週は、なぜか対面の打ち合わせが何も入らなかったので思い立ってBooking.com(友人紹介クーポン付きリンク)で御嶽山の宿坊を2泊で予約、Workationした。

出発は火曜日の昼過ぎで、都内から御嶽まで電車で約2時間、そこからバス、ケーブルカーで御岳山まで行って徒歩(登山なみの登り)で駒鳥山荘に15時半頃にチェックイン。

駒鳥山荘からの眺望 駒鳥山荘からの眺望

 

荷物をちょっと整理して日の出山を散策。

仙台遠征

hagi2019/06/17(月) - 15:54 に投稿

一度訪問したいと思っていたノラヤが閉店するというので仙台を訪問した。今週で閉まってしまうのでギリギリセーフだった。

残念ながら店主以外の利用者はいなかったが、雰囲気はどことなくPaxCoworkingに似た感じで、もし自宅から近ければ定期的に訪問する場所になっていた可能性を感じた。少しお話し、自分の仕事をして約2時間半を過ごした。

ノラヤの店主のお奨めで近所のThe6も訪問した。古い6階建てのビルをリノベして住居とシェアオフィス、コワーキングを収めた興味深いスペースである。3周年記念のパンフレットを見るとドロップインの利用者が170名とある。私が訪問した時は数名の来訪者があった程度で落ち着いた感じだった。

私はほとんどフリーランサーのような働き方なので、在宅で大抵のことは済むが、人恋しくなる。コワーキングスペースは私にとっては憩いの場になる。やっていることは、普段と全く変わらないが、移働は楽しい。しかし、常連にならなければコワーキングの醍醐味は味わえない。ああ、帰ってきたと思えるようにならないとつまらない。

タグ

コワーキングスペースとコミュニティ

hagi2019/06/17(月) - 14:22 に投稿

コワーキングスペースの先達はほぼ間違いなくコミュニティの重要性を強調する。しかし、アンケート等を取ると、利用者の選考基準としてはコミュニティに関する期待は大きくない。むしろ、話しかけられないスペースを好む人の方が多いという声を聞く。

Global Coworking Surveyでも、その傾向が出ており、CUAsiaでその発表があったときにはため息が出たともいう。

企業の従業員の場合はさらにその傾向は高そうで、無人で受付の人とも会話が無いほうが良いという希望、場合によっては受付の人に声をかけられるのが不快と考える人もいる。

コミュニティは、人の集まりなので、割とキーとなる多くの人とのつながりがある人が核になりやすい。その人がイベントをやれば、場所はあまり関係ない。全く関係ないわけではなく、居心地の良い場所とキーパーソンとの接点の組み合わせ、出席者の性質(性格、性向)が満足度に影響を及ぼす。

コワーキングスペースは、かなり認知度が上がってきていて、シェアスペース自身は珍しくなくなった。単なる作業場所であれば、自習室もあれば、タッチダウンオフィス、場合によっては喫茶店も候補となる。イベントスペースも選択肢は広がってきていて、安価なスペースから高機能なもの、ゴージャスな場所も選択できるようになった。

タグ

寂しがり屋のノマドとコワーキングスペース

hagi2019/06/03(月) - 12:19 に投稿

先日CUASIAの報告会のパネルで、コワーキングスペースに行くノマドは寂しがり屋だという発言があった。

彼女の説では、寂しくないノマドも居て誰にも会わなくても全然平気なタイプの人もいるそうだ。しかし、私の知る限り、長期に渡って寂しさを感じない人はほとんどいない。

私は、今固定的なオフィスを持たずに働いているので、在宅もあるけれどある種ノマド的な働き方を行っている。つまらない事だが、ワークプレースでおはようございますと挨拶したり、仕事終わりにお先に失礼しますと言ったらお疲れさまでしたと答えが返って来るかどうかだけでモードが切り替わる。特に、誰かと話がしたいというわけではあまりないが、気分の切り替えがうまく機能しないと生産性が落ちる。私の場合は、モード切替のために何気ない話であっても会話のできる場所に足を運ぶ。コワーキングスペースやカウンターバー、カウンター喫茶はそういう場所の候補だ。オフィスワークをしていた頃は、基本的にはサードプレースは無くても困らなかったが、今の私にはそういう場所が必要だ。寂しがり屋である。

Communityという言葉

hagi2019/05/09(木) - 13:04 に投稿

コワーキングスペースでは、コミュニティという言葉が大きな意味を持つ。

Co-workingと書くと、語感として複数の企業等が同じ場所で働くという意味になり、シェアオフィス的なイメージとなる。Coworkingと書くと、異なる仕事をする人が同じ場所で働くという点では同じだが、そこにCommunityが存在しているという意味を含む。最近は、それが紛らわしいので、CoworkingをCommunity coworkingあるいはCommunity co-workingと書こうと言う人がいる。私は、Community coworkingという表現は良いと思う。

コワーキングスペース(Community coworking space)には基本的にコミュニティマネジャーがいる。コミュニティに責任を持つ人という意味だ。機能のマネジメントではなく、コミュニティのマネジメントを行うという考え方だ。Co-working spaceにはコミュニティマネジャーは必要ない。無人管理でも良いのだ。

このコミュニティという言葉が非常にやっかいだ。

タグ

アクセシビリティへの配慮は恩恵を伴う

hagi2019/04/19(金) - 21:46 に投稿

今回の米国出張で、DrupalConではブラウザの音声読み上げの事例を見て、いかに見た目がスマートなアプリでもアクセシビリティの配慮がないと難視の人には使えないだけでなく、Alexaのようなスマートスピーカーと組み合わせて使えないだろうこともわかった。マウスを使わずにキーボードだけで利用できる実装にすると、ナビゲーションのステップを減らし可用性を上げられる事にも気がついた。アクセシビリティへの配慮は手間のかかる作業と見るのではなく、ソフトウェアの操作性を向上させるためのチェックポイントと考えたほうが良いことがわかったのである。

コワーキングカンファレンスジャパン2018で発表した

hagi2018/12/15(土) - 19:38 に投稿

コワーキングは言葉として、かなり市民権を得ていると思う。恐らくビジネスパーソンの2割程度は、コワーキングという言葉を知っているのではないかと思っている。コワーキングの時代が来ると5年前に確信してから、思いの外時間がかかったが、やはり間違ってはいなかったと思う。風が吹いてくると、怪しげな仕切り屋が跋扈するようになる。腹立たしいことだし、違うことは違うと言わなければ、扇動家に悪意はなくても惑わされてみんな地獄行きになってしまうリスクがある。それでも、そういう怪しげな奴が活躍しなければ、キャズムは超えられない。人それぞれ、活躍の場があり、好き嫌いは誰にでもある。コワーキングの世界は、給料をもらう支配・被支配の関係のないコミュニティである。だから、日々傍目から見ればつまらない争いがおき、コワーキングスペースのオーナーは、その問題に正面から向き合わねばならない。嫌なら、どちらからでも縁が切れるので、声も拳も上げなくても、それはそれはドロドロした(美しい)世界でもある。自分の本性が試されるのである。私は、自分の本性の未熟さに日々(今日も)打ちのめされているが、しかし、そういう自分に向き合ってやれることをやる以外に出口などありはしない。だから、適切な範囲で、包摂的(Inclusive)でなければ持続性はないのだ。

タグ

「街を間取りとして考える」あるいはABL(Activity Based Living)

hagi2018/12/14(金) - 23:03 に投稿

佐々木典士さんと言う方が、「街を間取りとして考える」という言葉を発したという話を聞いて、衝撃を受けた。私はミニマリストではないが、移動の時の荷物は小さい。この北九州出張では、いつもの軽量バック。冬の欧州2週間でも機内持ち込みだけで隙間が残る。

タグ

Co-Community

hagi2018/10/23(火) - 15:52 に投稿

Open SocialというDrupalのディストリビューションがある。そのプロモーション記事に10 Steps for your first year of community buildingがあって、その中にCo-Communityという単語が出てくる。この単語が、突然私の想像力を掻き立てた。

コミュニティは、様々である。Drupalはオープンソースで、その周辺に様々なプロジェクト、コミュニティが存在している。日本のDrupalのコミュニティには醜い覇権争いの歴史がある。同じDrupal好きでも、主導権を取らなければ気に入らなくて自由なコミュニティが育ってくると排斥しようとする力が働いたりするらしい。私は、直接的な被害にあったことはないので、それほど嫌な気持ちになるわけではないが、COREの翻訳作業など、公式となるか否かの判断がうまく機能しないとコミュニティそのものの成長を阻害してしまう。