固定資産税から空間税へ?

hagi2018/03/20(火) - 14:23 に投稿

測地は固定資産税の課税の元ネタである。長らく続いてきた制度であるが、そろそろ3D化して良い時代が来たのではないか?

技術的には3D空間把握が手に届くようになって来たので、2D時代の課税システムからそろそろ進化しても良いのじゃないかとふと思ったので、もしそうなったら、どんな考え方ができるかと空想してみた。

どうやら空き家が増えてきているようだから、居住用の空間で実際に利用していない空間には高い税をかけたら、空間の有効利用率が上がり、再開発も進んで、皆が幸せになれるかも知れない。ちゃんと考えたら山ほど課題は出るだろうが、やれることはありそうだ。

オフィスの一人あたり面積は4坪弱と言われている。13平米である。賃貸物件の一人あたりの面積は約24平米という記事もある。厚労省の資料などを見ていると都市型で40平米あれば良い感じらしい。個人の空間として考えた場合60平米専有できていれば、まあ気持ちよく生きていけるという計算になる。1億人で考えると個人の空間は60億平米あれば良い。日本の面積は3800億平米で平屋思考で考えて60分の一の場所が必用な計算になる。ちなみに東京の面積は20億平米強で、2000万人だとすると平屋思考だと面積の6割が個人の空間に割り当てられないといけない計算になる。ありえない。

バックパッカーへのあこがれ?

hagi2018/03/18(日) - 09:49 に投稿

バックパッカーという言葉には放浪するイメージがある。さすらいながら、様々な土地で交流をし、100人、1000人と会う中で一人、二人と知り合いを増やしていく。いろいろな人がいるけれど、必ずしも根っから社交的なわけではない。身近なつながりが重くなって旅に出る人もいる。だから、浅い交流の方が気軽で良いと思っているように感じるケースも少なくない。

しかし、実際に行動して出会いを重ねていく内に出会いの達人になっていく人がいる。多くの土地を歩いて、浅くても沢山の人と出会えば様々なトラブルも経験するだろうし、気軽な出会いの中にも相性の良さから長い付き合いになるケースもあるように見える。企業や血縁、同窓などのしがらみのないつきあいであれば、逆に甘えは許されない。

バックパッカー上がりの魅力的な人には、そういった強さが感じられる。むろん、皆それぞれ不安を持ち、将来が見えているわけではない。それでも、安住の地でぬくぬくと過ごしてきた人にはない覚悟の経験がその人の魅力を高めているように見える。多様な人生がある。

17年度サードワークプレース研究部会の定例会を終了

hagi2018/03/17(土) - 10:02 に投稿

昨日の例会をもって、日本テレワーク協会のサードワークプレース研究部会の定例会は終了した。今年の活動で一番残ったのは、サードワークプレースは使えるか否かの議論はもう終わったという空気である。使えるようになれば良い効果が出ることを疑う人は減った。一方で、サードワークプレースの費用負担をどう取り扱うかが重大な問題として認知されるようになった。

サードワークプレーストライアル時期は、一般には人事部等の推進部門がサードワークプレースの費用を負担し現場部門への配布を行わずに推進する。トライアルの時期を過ぎれば、部門が費用を負担するルールに変わり、途端に利用が停滞するといった事態に直面する。無料なら使いたいが、金がかかるなら使わないという話だ。

AdSenseを貼ろうと思ってはまった

hagi2018/03/15(木) - 16:02 に投稿

自前のサイトを上げてBlogを始めたら、当然AdSenseは貼るだろうという事で、セットアップを始めたら、headタグにスクリプトが埋め込めなくて難儀している。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX", enable_page_level_ads: true }); </script>

タグ

ワークスタイル変革とサードワークプレースに関する所信表明

hagi2018/03/12(月) - 15:29 に投稿

日本テレワーク協会の研究部会で文書をドラフト作成するにあたって、自分のサードワークプレースに関する所信をまとめたのでブログにも掲載しておきます。

はじめに

私は、現在起きているワークスタイル変革の動きは、ICT技術の進化に伴う環境変化への対応と考えている。

インターネットの普及、スマートフォンを初めとする携帯端末の進化、PCの軽量化と電池の容量拡大等で、従来できなかった多くの業務が、離れた場所で実施可能になった。電子メール普及前には、訪問、郵送を必要としていた業務の多くが電子メールで代替され、上手に使いこなす人、組織と、使いこなせない組織で競争力に徐々に差がついて気がつけば追いつく事のできない差が生まれてしまって消えていった企業もある。リモートワークは世界中で取り組まれている主要課題でもあり、もう一つのICT技術進歩への対応と言える。

サードワークプレースは、リモートワーク、ワークスタイル変革への寄与を訴求するサービス産業のプロダクトである。同時に、従来からのストック型の不動産事業をサービス化してフロー型に変えたものでもある。

Facebookログインを追加しました

hagi2018/03/11(日) - 21:04 に投稿

ページの一番下の部分にSocial Auth Loginブロックを配置し、facebookログインを可能にしました(設定情報)。アカウント申請は、ログイン画面からも可能ですが、未登録の状態でもfacebookログインで登録申請が可能です。

どちらも、確認後連絡させていただきます。

ユーザー登録をしていただき承認されたら、設定資料もご覧いただけるようになります。また、コメントも書き込むことができます(承認後に公開されます)。

タグ

Cesiumが勢いづいている

hagi2018/03/11(日) - 03:40 に投稿

Line of Sight Cesium Arcade Gameという記事に張られている動画が興味深い。

Cesiumのゲームへの適用自身にあまり興味は無いが、ブラウザベースの3Dアプリケーションが徐々にリアルタイム性を獲得しつつあるのが良く分かる。

この勢いだと、5年も経てば、相当なレベルに成長するだろう。VR、AR、MRの実用化にも大きく貢献すると思う。一方で、この事例で東京は3例のうちで最も3Dタイルが大きく、それが故に工夫がなされていると思われる記述がある。それぞれのシーンに必要な粗さのタイルをどう高速にサーバーから提供するかが競争の肝になるだろう。

ブログ始めました

hagi2018/03/11(日) - 01:25 に投稿

徐々に改善していこうと思っていますが、まずは、ブログを立ち上げました。事前検討が2日ほど、セットアップ自身はスクリプト作成やトラブルシュートを含めて12時間程度でした。

設定内容はユーザー登録をしていただいた方からのみアクセス可能な記事で公開しました。

環境概要

クラウド上にサーバーで主要な設定は以下の通り

OS: Debian 9.3.0 64bit
Let's Encrypt(certbot 0.10)で常時SSL化
Apache 2.4, PHP 7.0
CSM: Drupal 8.5.0
Theme: bootstrapblog

タグ